「突然死の方が良い」「転校したことにも」 長崎高2自殺「学校が提案」と両親

▼記事によると…

・長崎市の私立高2年だった男子生徒=当時(16)=が2017年4月に自殺した問題で、両親が26日に同市内で記者会見し、遺体発見の数日後に学校側が「突然死したことにした方が良いかもしれない」「転校したことにもできる」などと不適切な提案をしていたことを明らかにした。

・学校側は、第三者委員会がまとめた「自殺は同級生のいじめが主要因」とする報告書を不服とし、受け入れない考えを示している。

・遺族の損害賠償請求権の放棄を条件とした申請を持ちかけるなどし、両親は「学校は自殺をなかったことにしようと考えているのではないか」と述べた。

2019年2月27日 6時0分
http://news.livedoor.com/article/detail/16080897/

長崎市


長崎市は、九州北西岸に位置します。大きな天然港があり、港を取り囲む丘の斜面に建物が立ち並びます。1945 年 8 月に連合国軍が原子爆弾を投下したことで、第二次世界大戦中の大きな節目を象徴する街となりました。長崎原爆資料館と平和公園では、この出来事が後世に語り継がれています。
長崎市 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・人としてどうなんでしょうか?教育者としてどうなんでしょうか?

・本当だとしたら学校って一体全体どうなっちゃったんだろう。唖然とする。

・どうせこれを追求しても在校生にショックを与えないためとか言い逃れようとするんだろ

・学校は関係ありませんからって態度があからさま過ぎる

・これなんでマスコミは学校名伏せてんの?

・いじめや隠蔽の現場を見ながら育った人たちがこれからどんどん社会に出てくるわけだな

・ここまでやる学校も珍しいのではないか?いや。氷山の一角?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事