韓国議長の“盗人たけだけしい”に二階俊博氏「無視」と一蹴 → 高須院長「二階先生の作法だと韓国の方々は勝った勝ったと大喜びします」

高須院長のツイート

真っ赤になって反論するのは韓国の作法です。沈黙した方が負けたと見なされます。

二階先生の作法だと韓国の方々は勝った勝ったと大喜びします。

にっこり笑ってバッサリやるのが日本の作法です。

韓国議長の「盗人たけだけしい」発言 二階俊博氏「無視」と一蹴

高須克弥 プロフィール


高須克弥は、日本の医師。医学博士、昭和大学医学部客員教授、医療法人社団福祉会理事長、高須クリニック院長、浄土真宗僧侶。 芸能人を中心とした有名人の手術を数多く手がけた。また、格闘技K-1のリングドクターとしても活動した。国際美容外科学会会長および日本美容外科学会会長も務めた。
生年月日: 1945年1月22日 (年齢 73歳)
高須克弥 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・二階先生は韓国に強く出ると都合が悪い事情があるんじゃないかなと

・報復制裁は必須だと思いますね。日本政府はいつになったら動くんでしょう

・スッと制裁を5個くらいやるのが良いと思います。

・ずぅーっと無視続けた結果が現状

・言いたいことを相手に言えず議論ができず我慢して無視してやり過ごすのは日本人の悪い習慣になってます。

・日本は『大変遺憾』って言葉だけなんで連中からすりゃ痛くも痒くも無いですから…レーザー照射同様に逆ギレしたもの勝ちとしか思ってないでしょう。
そろそろ笑顔で黙って一刀両断すべきだと思います。

・こういうのばっかり。何が「大人の対応」だよ。。。何の結果ももたらさない。

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認