沖縄のジュゴン絶滅危険度高まる IUCN、辺野古基地建設が脅威

▼記事によると…

・国際自然保護連合(IUCN)が世界の絶滅危惧種を集めたレッドリストを更新し、沖縄に生息するジュゴンの絶滅の危険度を最も高いレベルに引き上げたことが11日、分かった。生息数の減少傾向が長く続き10頭に満たなくなっているほか、名護市辺野古で進む米軍基地建設が脅威になっていると指摘した。

12/11(水) 18:23配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191211-00000153-kyodonews-soci

ジュゴン


ジュゴンは、ジュゴン目ジュゴン科ジュゴン属に分類される哺乳類。本種のみでジュゴン属を構成し、現生種では本種のみでジュゴン科を構成する。
ジュゴン - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

人権団体、環境団体、平和団体は信用できない。

辺野古基地建設の影響もあるとは思うが、そもそも沖縄はリゾート開発なんかでどんどん海を壊してきたし、辺野古は反対と騒ぐ裏で那覇空港の新滑走路埋め立ては行われてるし。絶滅危機の原因を偏った側の主張で結論付ける論調はどうかと思う

空港作る為に埋め立てても問題ないのに米軍基地作ると絶滅の危険度が引き上がる不思議

近年のことを言うなら那覇空港だって原因の一つよね。確かに近年の減少について辺野古の埋め立ても起因してるだろうけど、根本原因はそこじゃないよね。
他の人も書いてるけどいろんな海岸をリゾート開発したこと、そのリゾートからプラスチック等のゴミが発生してることあたりが根本原因よね。

もともとおらんでしょ。イマジナリージュゴンでも見えとるんか?

1960年代から2000年初頭にかけてジュゴンが半減しているのだから、今に始まったことではない。

基地建設以前から既に維持不能状態だったでしょ。「相関性はない」としか言えませんが。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事