「奇跡おこしたい」表現の不自由展、再開目指すプロジェクト…資金集め、作家自らコールセンターも

▼記事によると…

・愛知県内で開催されている国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」で、「表現の不自由展・その後」が中止に追い込まれたことをめぐり、同芸術祭に参加するアーティストのネットワークが9月10日、東京・丸の内の外国特派員協会で記者会見を開き、展示の再開を目指すためのプロジェクトを立ち上げると発表した。

(1)ネゴシエーション:問題に対する具体的な提案や、県や運営側への交渉や要求、再開までのロードマップなどを作成する

(2)セキュリティ:アーティストたちが自分たちで市民からの電話を受けるコールセンターを立ち上げる

(3)アーカイブ:ホームページを立ち上げて資料収集する

(4)ファンディング:クラウドファンディングで資金を創出する

(5)プロトコル:「あいちプロトコル(宣言)」(大村秀章・愛知県知事が「表現の自由」をアピールするために「あいちプロトコル」を提案していた)をアーティスト主導で制作・提出する

●「自由の根源が崩壊するのかどうかの分岐点にある」
●「アーティストの力だけでは足りない」
関係者の協力も必要だし、観客との連帯によって、初めてそれが可能です。奇跡を一緒に起こすために、私たちは『ReFreedom_Aichi』(リフリーダム・アイチ)を立ち上げます」

2019/09/10 13:55
https://news.nicovideo.jp/watch/nw5903692?news_ref=ranking_accessRank

あいちトリエンナーレ


あいちトリエンナーレは、愛知県で2010年から3年ごとに開催されている国際芸術祭。主催はあいちトリエンナーレ実行委員会。
あいちトリエンナーレ - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

おお、すごい!

まぁ、クラウドファンディングで集まったお金で頑張るぶんには、いいんじゃない?おいちゃん個人としては、あんな「1方向ヘイト」には、お金を出したいとは0.01ミクロンほども思えないけど。

うわぁ。。勝手にやってどうぞ目の届かないところで。。。

展示してもいいけど行政を巻き込むなよ

日本へのヘイト表現のモニュメントや映像、銅像が『表現の自由』として認められる奇跡?随分と汚い奇跡をお望みのようで。

政治的なだけならいいが、一番重要なアートとしてのレベルが低すぎる作品があると何回やったって評価されないぞ。

自由には責任が伴うものなんだが、多分こいつら「芸術!」で思考停止してる類の手合いだよな

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認