米国プロレス団体WWE、日本人選手の旭日旗パフォーマンス公式謝罪

▼記事によると…

・米国プロレス団体WWEが日本人選手の旭日旗パフォーマンスに対して公式謝罪をして修正した。

WWEは日本時間で今月3日に放送された自社番組「RAW」で、日本人選手・戸澤陽の登場場面で、大型スクリーンに旭日旗が入った画面をそのまま露出させた。この場面は韓国内に中継権を持つIBスポーツの生中継によって放送された。

IBスポーツはWWE側に公式抗議メールを送った。これに対してWWEは戸澤陽の登場映像と競技ウエアなどに入っている旭日旗模様を修正するという返信を送った。WWE関係者は「IBスポーツの助言により、われわれは戸澤陽の登場シーンと服装を修正する」とし「(われわれが知らなかった)事実を知らせてくれたことに対して、改めて感謝申し上げる」と、メールを通じて明らかにした。

12/10(火) 16:03配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191210-00000042-cnippou-kr

戸澤陽 プロフィール


戸澤 陽は、日本のプロレスラー。
生年月日:1985年7月22日 (年齢 34歳)
戸澤陽 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

間違った情報も大きな声で言えば事実になる。団体ももう少し勉強してほしい。

日本のWWEファンは全く問題ないと声を上げるべきだ。

かに道楽にも文句言ってきた連中だぞ?もう頭おかしいんだよ

もう氷屋も廃業するしかないな

旭日旗ですらないじゃんw

欧米では騒いだもん勝ちだから騒がないと負けるよ

まあ謝罪させた時点で韓国の勝ちだわ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事