Mi2さんのツイート

【一人相撲】

韓国のGSOMIA失効寸前の凍結発表で、

自民党・佐藤正久
韓国が情勢判断を誤って振り上げた拳をギリギリになって下さざるを得なかった一人相撲。これまでだったら韓国政府が強く出たり、マスコミが騒いだら、日本がギリギリになって折れるのに日本が折れなかった

まさに一人相撲。

佐藤正久 プロフィール


佐藤 正久は、日本の政治家、陸上自衛官。愛称は「ヒゲの隊長」。 政治家としては、自由民主党所属の参議院議員。外務副大臣、参議院外交防衛委員長、防衛大臣政務官を歴任。 陸上自衛官としては、最終階級は1等陸佐、最終官職は陸上自衛隊幹部学校主任教官。第1種放射線取扱主任者資格を「若手幹部時代」に取得している。
生年月日: 1960年10月23日 (年齢 59歳)
佐藤正久 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

日韓議員連盟の圧力にもよく耐えました

本当に今までがどうにかしてて、これから先は悪くもないのに頭下げて折れるようなヘタレに戻る様にならないか心配だわ(´・ω・`)これから先はこれが普通であってくれ

自分としては、当時大臣だった世耕弘成のTwitter界での情報発信、元経産省の人や、他にも何人かが説明してくれたおかげで、余裕を持って韓国の主張を聞き流すことができました。感謝です

そんな事わかりきった事!

マスコミって居る?

日本が折れなかった事を評価する。しかし背後でアメリカの圧力があったとしても屈してはならない事はある。日本を守る為にしっかりと国際社会に対して強い外交をして欲しい。

折れなくて正解!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事