韓国が東京五輪にルール無視の「持ち込み計画」日本と〝身内〟も猛反発

▼記事によると…

・日本側は韓国による福島産などの水産物の輸入禁止は不当として世界貿易機関(WTO)に提訴し、一審では主張が認められたものの今年4月の最終判決で逆転敗訴している。この判決に韓国は「高く評価する」との声明を発表しているが、どうも真の思惑は〝食の安全〟よりも別のところにあるとの見解が有識者の間では根強い。

・今や韓国のバックボーンとも言える「反日」だ。

・日本側としても「選手村で各国の代表選手たちを通じ、日本産の食材と和食の素晴らしさを世界に広める絶好の機会」ととらえ、今度の東京2020大会を重要視している。それだけに福島原発事故による〝食の安全〟に対する不安を過剰にアピールし、強硬手段まで取ろうとする韓国側には怒りを隠せない様子だ。やはり東京五輪・パラリンピックで日本の目論んでいるプランをすべて水の泡にさせるのが、文政権の狙い――。そういう、うがった見方をしている日本側の有識者は1人や2人ではない。

だが、東京2020大会で強行しようとしている韓国側の方針には日本だけでなく〝身内〟からも異論が向けられつつある。当事者の韓国代表選手たちだ。

前出の韓国メディア事情通は、こうも続ける。

「さすがに韓国の代表選手からも『選手村にいるのに食べたい食事が食べられないのは余りにもナンセンス』『東京大会の選手村の食事は非常にレベルが高いらしいと開催前から評判になっているのに、なぜ韓国だけ制限をかけられるのか』『選手の人権を完全に無視している』などと、方々からKOCやKSOCの上層部が勝手にまとめ上げた方針への批判が聞こえ始めている。

2019年12月9日
https://wedge.ismedia.jp/articles/-/18094

大韓民国


韓国は朝鮮半島の南半分に位置する東アジアの国で、非常に厳しい軍事境界線が北朝鮮との間にあります。韓国はまた、桜の木や数百年前に建てられた仏教寺院が点在する緑に覆われた丘陵地帯や、海辺の漁村、亜熱帯の島、首都ソウルのようなハイテク都市でも知られています。
大韓民国 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

ボイコットの話はどこ行ったんですかね。

お隣さんやねんから、弁当持ちで、日帰りで来たらええのんとちゃうの。

そもそも、ボイコットって言ってませんでした?

近いんだし日帰りすればいい。

真面目な話、持込食材の検疫だけはシッカリとして頂かないと(´・ω・`)

え、参加するんですか?てっきりボイコットかと思ってましたが...

もう好きにしたら?って感じです。

みんなのコメント

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認