熊谷6人殺害、二審は無期懲役 ペルー人被告「心神耗弱」 一審死刑破棄・東京高裁

▼記事によると…

・埼玉県熊谷市で2015年、女児2人を含む6人が殺害された事件で、強盗殺人などの罪に問われたペルー国籍ナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告(34)の控訴審判決が5日、東京高裁であった。

大熊一之裁判長は一審さいたま地裁の死刑判決を破棄、無期懲役を言い渡した。大熊裁判長は犯行時の被告について、心神耗弱状態だったと判断。

一審に続き、刑事責任能力の有無が最大の争点で、弁護側は「統合失調症により妄想に支配された犯行で、動機も了解不可能。完全責任能力を認めた一審は誤りだ」などと主張。仮に無罪を言い渡せない場合は、いったん公判を打ち切り、病状の改善を待って審理し直すべきだと訴えていた。

・一審裁判員裁判の死刑判決が高裁で破棄されたのは6件目。

12/5(木) 15:26
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191205-00000085-jij-soci

熊谷市


熊谷市は、埼玉県北部にある市。人口は約19万人であり県内9位である。 首都圏整備法第2条第5項に規定する都市開発区域となっている。
人口: 19.87万 (2015年)
熊谷市 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

精神疾患ならば殺人も許されるのか。。

錯乱してたら六人も殺せないやろ

もう裁判員制度廃止でいいよ。市民感覚を反映する気がないならやる意味がない。

亡くなった被害者や遺族が報われない法制度。

選ばれた裁判員だって悩み苦しんだ末に○刑を選択しただろうに

被害者の人権は無視され続けてる。

政府も腐って司法も腐ってこの国に未来なんてありませんね

みんなのコメント

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事