トランプ指名の韓国系アメリカ人高官、経歴を盛りすぎていると話題に

▼記事によると…

・経歴や学歴を詐称する人は世界中にいる。日本でも時々、政治家や芸能人などの学歴詐称疑惑がニュースになるが、世界でもそれは同じ。

・アメリカでも地方自治体の政治家などの詐称問題はニュースで見るが、最近、かなり大胆な経歴詐称問題が、米国務省を舞台に話題になっている。

米TV「NBCニュース」は11月13日、「トランプ政権の高官が履歴書の職務経歴で人を欺くような主張をしていた」と報じている。

同報道によれば、その高官はミナ・チャンという韓国系アメリカ人で、「紛争安定化司令部の国務副次官補であるチャンは、学歴だけでなく、過去の非営利での活動も粉飾している」という。

米紙「ワシントンポスト」によれば、4月にトランプによって任命されて国務省の高官になった35歳のチャンは、TV番組のインタビューに登場し、自分が米誌「タイム」の表紙になったとする“証拠の表紙写真”を捏造して紹介していたという。

彼女が主張しているハーバード大学大学院経営学研究科を卒業したという学歴も、共和党と民主党の全国大会でスピーチしたという経歴も、彼女がやっていたNPOの活動規模も、すべて嘘だったと指摘する。

それだけではない。陸軍士官学校を卒業していなかったり、卒業したとする別の大学が認可された学校でなかったりと、プロフィールが無茶苦茶だった。何もかもが嘘だったということを鑑みると、もはや詐欺師のようなレベルだと言える。

11/16(土) 15:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191116-00000003-courrier-int

ミナ・チャン プロフィール


ミナ・チャン(Mina Chang; 1983年または1984年生まれ、年齢のみ公表されている)は、朝鮮系アメリカ人の政治家。2019年4月からアメリカ国務省紛争安定化司令室の副次官補を務めている。
ミナ・チャン - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

納得は出来るが、驚く事ではない。なぜか?言わなくてもわかるでしょ。

平常運転ですね。

トランプと気があってるのは今だけだね!どうせすぐ仲悪くなる。

この血統は、どこにいても同じかな

数十年後、徴用されたと訴えられないといいですね。

何を理由に指名されたのか、そっちの方が気になる。

期待を裏切らないわ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事