市が津田氏らに法的措置で調整

▼記事によると…

・愛知県で開かれた国際芸術祭で「表現の不自由」をテーマにしたコーナーが設けられたことをめぐり、名古屋市は、芸術監督の津田大介氏らが市などに作品の詳しい内容を説明せず展示を行ったとして、法的措置を講じる方向で調整しています。

10月14日に閉幕した「あいちトリエンナーレ」では、「表現の不自由」をテーマに、慰安婦問題を象徴する少女像や昭和天皇をコラージュした映像作品などを展示するコーナーが設けられましたが、芸術祭の実行委員会の会長代行を務めた名古屋市の河村市長は、「日本人の心を傷つけるものだ」などと批判しています。

10月31日 09時56分
https://www3.nhk.or.jp/lnews/nagoya/20191031/3000007469.html

津田大介 プロフィール


津田 大介は、早稲田大学文学学術院教授、有限会社ネオローグ代表取締役、一般社団法人インターネットユーザー協会代表理事。 大阪経済大学情報社会学部客員教授、朝日新聞社論壇委員、新潟日報特別編集委員も兼任している。
生年月日: 1973年11月15日 (年齢 45歳)
津田大介 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

どうせ司法の中の同志かなにかの力が働いて不起訴

全面的に河村を支持する!

名古屋市GJ👍

またマスゴミによって捻じ曲げられて報道されんだろうなぁ

最悪無罪でも良いから訴えられろ

それでこそ日本人。それが日本人です。署名がいるなら賛同します。応援してます。津田に厳罰を。

津田氏に言い逃れ出来ないように河村市長側に落ち度がなかったかの検証もお願いします。

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事