五輪マラソン競歩の札幌移転 日本陸連がIOC決定を非難声明「理解不能」

▼記事によると…

・日本陸上連盟の強化委員会は5日、都内で東京五輪のマラソン、競歩会場が札幌に移転したことを受けて会見した。10月中旬に国際オリンピック委員会(IOC)のトマス・バッハ会長が強権を発動し、札幌移転を決定。小池百合子都知事などが反発したが、1日に都も受け入れ、正式に決まった。

札幌案が浮上してから2週間、日本陸連が意見を表明するのはこれが初めて。麻場一徳強化委員長は「まず今回のマラソン、競歩の札幌移転ですが、強化委員会としてはあってはならない決定だと思っております。暑さの危険は承知の上で4、5年前から準備していた。それが覆るのは極めて遺憾」と、IOCの決定を非難。

瀬古利彦リーダーも「私の頭の中は東京でやるとすり込まれてきた。札幌にいけと言われても切り替えられない。1964年に円谷幸吉さんが銅メダルをとって、もう1度東京でメダルと獲りたいという思いでやってきた」と、言葉を詰まらせながら話した。ここまで意見ができなかったのは「IOCの力の前ではどうにもならない。駄目だといえば、五輪からマラソンなんてやらなくていい、ということになるという思った。ここは我慢しなければいけないのかなと思った」と、忸怩たる思いの中での葛藤を明かした。

2019.11.05
https://www.daily.co.jp/general/2019/11/05/0012850869.shtml

麻場一徳 プロフィール


麻場 一徳は、愛知県岡崎市出身の元陸上競技選手。現山梨学院大学教授、同大学陸上競技部部長。
生年月日:1960年9月12日 (年齢 59歳)
麻場一徳 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

頭おかしい……。IOCの対応はアスリートファースト的に当然で、批判されるべきは嘘とカネまみれの東京誘致自体では? 五輪絡みで、日本のスポーツ選手達には失望させられてばかりだよ。

東京の暑さは承知の上で準備したのなら、なおさらMGCを8月にやればよかったと思う。8月に走れるときちんと証明していればよかった。それができなかったのは、8月に走ることの危険性を認識していたからでは?

選手の安全は?

そもそも真夏の東京が無理筋だったわけで今からでも自体が一番、中止でいい。

悔しいでしょうね

日本陸連は猛暑の中マラソンが出来ると本気で思ってるんかね??

決まってしまったことにいつまでグダグダ言ってんの、この人たち。自分の無能を棚に上げて。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事