韓国首相「一度の訪問で解決期待しないが一歩進む契機」

▼記事によると…

・天皇即位礼参加のため22日に訪日した李洛淵(イ・ナギョン)首相が「今回たった1回の訪問ですべてが解決すると期待はしないが、一歩進む契機になるだろうと考える」と話した。

・長嶺大使は「李首相が天皇即位礼に訪問してくださり感謝する。日本に行き色々な人たちと交流し良い成果を得ることを期待する」とあいさつした。李首相も「30年前に上皇の即位礼を特派員として取材し、今回は政府代表として参加することになった。貴重な縁だと考える」とこたえた。続けて「即位礼を行う天皇が韓国に関心を持っているものと考える。韓日関係が調和の取れた成熟した関係になることを祈る」と付け加えた。また「両国関係にさまざまな難しい問題があるが、両国が知恵を集めてしっかり管理していくよう望む」と強調した。

2019.10.22 11:52
https://japanese.joins.com/JArticle/258799

李洛淵 プロフィール


李 洛淵は、韓国の政治家。現在、同国国務総理。元国会議員、前全羅南道知事。共に民主党に所属。
生年月日:1951年12月20日 (年齢 67歳)
李洛淵 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

日本人にとって、このニュースの関心は高く無いだろう。個人的にも、韓国は責任を果たせば後はどうでも良い。

傘壊されて何言ってんだお前は

この思考のロジックを誰か説明してくれ

お祝いの言葉は一切無いのね。何しにきたんだよ

何言ってんだか意味不明だ

関心なんかないわ

祝辞のひとつも言えないんだろうな

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認