堀江貴文「不満を垂れ流す人に言いたいこと」 ストレスは我慢するのではなく捨てるものだ

▼記事によると…

・以前の僕は「ストレスがたまる」という感覚がよくわからなかった。

・僕が人生で初めてストレスがたまるということを実感したのは、刑務所に収監されてからの日々だ。

・シャバにいる人たちは、いくらでもストレスの原因から逃げられるはずなのに、なぜいつまでも何も行動しないでじっとしているのだろう、と。

・とくにみっともないのは、ストレスを感じているのに、不平を垂れ流しながら、現状に甘んじている人だ。

・あなたは川に浮かびながら、誰かが食い荒らした「残飯」を手にして、「こんなマズい食べ物はない! なんだこれは!」と文句を言っている。だったら、そんなものは捨ててしまえばいいのに、それでもその「残飯」を後生大事に持っているのだ。

・そんな人が「相談」などと称して僕のところにやってきて、「堀江さん、この『残飯』ってすごくマズいんですよ。ひどくないですか?」などと言ってくる。

・牢獄に入っているのでもない限り、誰もあなたに「マズい残飯を食べろ!」なんて強制したりはしない。あなたが勝手にマズいものばかりを食べて、ストレスを抱え込んでいるだけなのだ。

2019/11/04 5:20
https://toyokeizai.net/articles/-/311901

堀江貴文 プロフィール


堀江 貴文は、日本の実業家、著作家、投資家、タレントである。愛称はホリエモンだが、堀江本人があだ名やペンネームなどを名乗る際にはたかぽんを自称している。
生年月日:1972年10月29日 (年齢 46歳)
堀江貴文 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

超共感!!!全ての不調はストレスからくるのだから。ストレスを生む時間は、極力減らすべきだ。そのときは「絶対時間」ではなく「体感時間」の長さを基準にするといい。

気楽な立場だからこんなことを言えるんだよ。

文句は言っても何も変わらない。変えたければ行動する事!

大半の人はそれができないから凡人なんやろな

頭が良くて実業家で裕福な人ですが、人に対してのリスペクトが微塵も感じられない言動を見るにつけ、最低の人間だなあと思う。日本では経済的成功者=人格的にも素晴らしいと思われがちだが、それを身を持って否定している人だと思う。あくまでも個人的見解です。

とても共感します😊実際にここ数年でストレスになるものと距離をとり、ストレスがありません。ストレスに悩まされていることほど無駄な時間はないです。

絶対時間より体感時間を意識。ストレスの原因の人間を徹底的に避けて関係遮断。その通り。なんか元気が出てきた。

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認