小池知事、東京開催へ強い意向 東北開催案に初言及

▼記事によると…

・小池知事はコーツ氏との会談後も「東京の(暑さ)対応策はIOCにお墨付きをもらっているので、自信を持っている」とし、変わらず東京開催を推し進めていく強い意向を示した。

・移転を決定とした上での説明に、IOCへの不信感やいらだちを隠さなかった。

・札幌移転案が決定となれば、費用については「都としては負担できない」と断言。さらに「遮熱性舗装など費用がかかったことは事実。リーガル(=法的な)問題としても分析していく必要がある」とし、補償請求も辞さない構えを見せた。

2019年10月25日22時14分
https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201910250001060.html

小池百合子 プロフィール


小池 百合子は、日本の政治家。東京都知事。 アラビア語通訳者、ニュースキャスターを経て、1992年に政界へ転身した。
生年月日:1952年7月15日 (年齢 66歳)
生まれ:兵庫県 芦屋市
小池百合子 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

でも、その遮熱舗装は逆効果だったんでしょ?うーん…、この人の感覚はポピュリスムというか、セコいというか…

オリンピックマラソンは、東京なのか、札幌なのか。?まだ決定は、してないみたいですね。!

ニュース IOCって何様なんだ。マラソンと競歩中止でいい。10月に個別に世界大会開催して盛り上がればいい

前任者の功績に乗っかってるだけのくせにゴネるのは世界一だな。気に入らないなら開催地返上しろよ。

今更札幌開催などあり得ないでしょ!IOCめちゃくちゃ!何も考えていない、浅はかすぎる・・

前後の1週間、23区内でのエアコンと自動車の使用を一切禁止するぐらいしたら、多少涼しくなるかもよ?

何という見苦しさ。そもそも招致自体が嘘とカネまみれの間違った行為だったんだから、その責任を負うのもこちらに決まっておろう。JOCと分担で揉めるが良い。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事