慰安婦「兵70人に1人」と記述 外務省文書、軍関与を補強

▼記事によると…

・旧日本軍の従軍慰安婦問題を巡り、関連する公文書の収集を続ける内閣官房が2017、18年度、新たに計23件を集めたことが6日、分かった。

うち、在中国の日本領事館の報告書には「陸軍側は兵員70名に対し1名位の酌婦を要する意向」「軍用車に便乗南下したる特殊婦女」などの記述があった。

「酌婦・特殊婦女」は別の報告書内で「娼妓と同様」「醜業を強いられ」と説明され、慰安婦を指している。

専門家は「軍と外務省が国家ぐるみで慰安婦を送り込んでいたことがはっきり分かる」と指摘する。

1993年の河野洋平官房長官談話が認定した「軍の関与」を補強する資料と位置付けられそうだ。

12/6(金) 21:36配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191206-00000207-kyodonews-pol

河野洋平 プロフィール

河野 洋平(こうの ようへい、1937年〈昭和12年〉1月15日 - )は、日本の政治家。防衛大臣で衆議院議員の河野太郎は長男。いわゆる従軍慰安婦について述べた「河野談話」を発表したことで知られる。
河野洋平 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

大戦中に慰安所があったことは事実であり、そこに多くの女性が軍の希望で送り込まれていたのも事実。その中に本人の意思ではない人たちもいたことも事実。そして支払われていた軍票が、敗戦によって紙屑になったのも事実。軍や政府機関が携わらずに慰安所を開ける訳も、また女性を送り込むことも無理。女性を集めるために、高給だったりお国のためと言ったり、または色んな手練手管で集めたのも事実だろう。その中に人買いがいたのもね。
いまの時代の価値観で推し量って罰するのはおかしい。歴史から学び、この様なことは非人道的だと。戦争はそういう不幸も生み出すからやっちゃいけないんだと教育すべきこと。

慰安婦問題がデタラメであることに世界が気づき始めたからではないですか?韓国が嘘や告げ口ばかりしてたから世界が「あれ?慰安婦問題ってひょっとしてデタラメかも」と思ってきたのかもしれませんよ?

捏造という明確な事実がね。それと慰安婦という、高給取りの戦時売春婦がいたことは認めていますよ。

捏造報道でしたと言った新聞社があるということの、明確な事実があるからでは

ライダイハンについて謝罪と反省と賠償を済ませてから、お話しください。

事実じゃないし、解決済みだから

日韓請求権協定に基づいて最終的かつ不可逆的に解決済みであり個人請求権もその協定に入ってるって世界は知っとるからやぞ要するにおかわりは認められておらんのやで(´・ω・`)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事