中国、米国に取って代わりたいと思ったことはない=外務次官

▼記事によると…

・中国外務省の楽玉成次官は24日、米国に挑戦したい、もしくは米国に取って代わりたいと中国が思ったことはなく、覇権争いに興味はないと述べた。

同次官は学術フォーラムで講演し、中国が世界における米国の「覇権主義的な」地位を担うとの憶測があると指摘。

中国外務省が公表した講演録によると、次官は「これは事実に合致していない」とし、「中国はこれまで、米国に挑戦したり、米国に取って代わったりしたいと思ったことはない。われわれの目標は中国人民に良い生活を送ってもらうことであり、われわれの統治を絶えず改善することだ」と述べた。

2019年10月24日/19:19
https://jp.reuters.com/article/usa-trade-china-diplomacy-idJPKBN1X3176

中華人民共和国


中国は広大な草原、砂漠、山、湖、川、14,000 km を超える海岸線を擁する人口の多い東アジアの国です。首都の北京は、複数の建物からなる紫禁城や、天安門広場などの史跡が近代建築と融合した街です。超高層ビルが林立する上海は、国際的な金融センターです。中国北部には、有名な城壁である万里の長城が東西に長く伸びています。
人口: 13.86億 (2017年)
大統領: 習近平
中華人民共和国 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

口と行動があってねー

太平洋を分割してどーたらこーたら言っていなかったか?

人の本音を知りたいときは、口から出る言葉ではなく黙って行動を見ているだけでわかる。

覇権狙う国家はみんなそう言うんですよ

こんな発言で相手が油断する時代は終わったぞ

国内向けの発言と間違えたのかガチでボケてきたのか

覇権は目的ではなく通過点だからでしょ

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認