朝日新聞記者・青木美希さんのツイート

原発から飛散した放射性物質はすでに土と同化しているため、東京電力の管理下にはなく、むしろ、農家が所有しているといえる。故に、東京電力に放射性物質を取り除くよう請求することはできない

判決に、驚きの声が上がっています。

放射性物質


放射性物質とは、放射能を持つ物質の総称である。主に、ウラン、プルトニウム、トリウムのような核燃料物質、放射性元素もしくは放射性同位体、中性子を吸収又は核反応を起こして生成された放射化物質を指す。
放射性物質 - Wikipedia

東京電力ホールディングス


東京電力ホールディングス株式会社は、首都圏1都7県および静岡県の富士川以東を供給区域・事業地域とするであった東京電力株式会社が、電気事業法の一部改正によって、2016年(平成28年)4月1日から、家庭用電力の小売り全面自由化に対応するため、同年同日に持株会社体制へ移行して社名変更した、東京電力を継承した持株会社である。
東京電力ホールディングス - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

ここのところ、司法もめちゃくちゃ。

これは酷すぎる。ただ、原発事故の前に戻りたい、それだけなんでしょう?

土と同化って?勝手に降ってきた放射性物質を所有している??信じ難い、全く信じ難い判決。

これからおかしな判決がますます増えるのでしょうか。恐いです。

ひたすら権力に都合のいいように、法律が解釈され、運用される・・・もはや法治国家ではありませんね。

その判決は判例から考えて妥当なのでしょうか?ばら撒いたもの勝ち?

管理下になければ免責されるというなら、廃棄物の不法投棄もし放題ですね

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認