<社説>知事が事業者と会食 県民への説明責任果たせ

▼記事によると…

・玉城デニー知事が「万国津梁(しんりょう)会議」の設置支援業務を受託した事業者と契約日前日に会食していたことが分かり、県議会野党が百条委員会の設置を主張する事態になった。知事は「私的な会食」と説明したが、疑惑を持たれること自体、あってはならない。

玉城知事は、受託した事業者との関係、選定の理由と正当性、会食の経緯などについて、県民にきちんと説明すべきだ。

・知事によると、会食した事業者は「個人的な友人の一人」だという。加計学園問題では安倍晋三首相の「お友達」優遇が批判を浴びた。沖縄県政でも取り巻き優先の「縁故主義」が頭をもたげつつあるのだとすれば由々しき事態だ。

2019年10月16日 06:01
https://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-1008781.html

玉城デニー プロフィール


玉城 デニーは、日本の政治家、元タレント。沖縄県知事。衆議院議員、自由党幹事長兼国会対策委員長、沖縄市議会議員などを歴任した。本名は玉城 康裕。知事業務上、法的効果が必要な文章には本名を使用している。
生年月日: 1959年10月13日 (年齢 59歳)
玉城デニー - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

ついに擁護しきれなくなったと見るべきか

沖縄での事業実績のある会社なの?

↑ないよ。デニーの支援者でしかも実態のないペーパーカンパニー

どうした琉球新報

これを許すとそれこそダブルスタンダードで琉球新報の信頼がさらに失墜するからね。

アベーと勘違いしてるんじゃないの。変なもの食ったのか(´・ω・ `)

内ゲバ開始

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事