「第2のグレタさん」と呼ばれる8歳の活動家「COP25」会場外で熱弁

▼記事によると…

・気候変動対策に関する国際会議「COP25」の閣僚級会合が始まりました。その一方で、会場の外には「第2のグレタさん」と呼ばれる8歳の活動家が現れた。

ドイツの環境活動家・ゾゾさん、8歳。スペインの首都マドリードの街灯に上って抗議活動です。最後は警察に強制的に下ろされましたが、地球温暖化に警鐘を鳴らす姿勢はアピールできたよう。

環境活動家(ドイツ)・ゾゾさん:「時間はありません。あと8年で気温が1.5度上がります。政治家が無意味な言葉で時間を無駄にする間に人々は死に家を失うのです」

ヨーロッパでは環境への意識が高まっています。スペインで開かれている地球温暖化対策を話し合う国連の会議「COP25」にはスウェーデンの16歳の環境活動家、グレタ・トゥーンベリさんも参加しています。

環境保護活動の象徴的な存在となったグレタさんは、地球温暖化による被害の実情を訴えて早く対策を講じるよう世界の指導者たちに呼び掛けています。

2019年12月10日 22時21分
https://news.livedoor.com/article/detail/17507755/

グレタ・トゥーンベリ


グレタ・エルンマン・トゥーンベリは、スウェーデンの環境活動家。主に地球温暖化によってもたらされるリスクを訴えている。トゥーンベリは、公共の場や政治家、議会に対しての率直[5]で事実に即したスピーチ[6]で知られ、気候変動の危機に立ち向かうため、すぐさま行動を始めるように呼び掛けている 。また、両親に飛行機旅行を断念させたり肉を食べないよう説得するなど、日常生活でも二酸化炭素排出量の少ないライフスタイルを実践している。
生年月日: 2003年1月3日 (年齢 16歳)
グレタ・トゥーンベリ - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

8歳の子供がこんな事言うわけがないだろ。

環境への意識が高いのはいい事だ

ドイツなんて、気温が上がったほうが住みやすくなって良さそうに見えるが。そもそも温暖化のなにが悪いのかよく分からん。寒冷化するよりずっと良いと思うがな。

日本からも、政治や環境問題に熱心な子供達が、どんどん出てきて欲しい💕

なんか子役タレントの人気争いみたいになってきたw

おっかねぇなぁ…。これ、「少年兵」と何が違うと言うのかね?

環境活動家キッズのバトルロイヤルが始まる

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事