救助ヘリから40m落下し死亡 東京消防庁、フック忘れる

▼記事によると…

・13日午前10時ごろ、福島県いわき市で、台風19号の救助活動をしていた東京消防庁のヘリコプター「はくちょう」が、孤立状態だった77歳の女性を救助する際、隊員が女性側の救助装置のフックをロープに付け忘れたままつり上げ、約40m落下させた。女性は病院で死亡した。

同庁は同日、庁内で記者会見を開き、清水洋文次長が「申し訳ありませんでした。活動中の手順を誤った」と謝罪した。

2019年10月13日 19:08
https://www.nnn.co.jp/knews/191013/20191013182.html

東京消防庁

東京消防庁は、東京都の消防本部である。 管轄区域は特別区、および消防事務委託制度により委託された多摩地域29市町村。
東京消防庁 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

外野の僕はとやかく言うものじゃない…ので、ただただご冥福をお祈りいたします。

何と言ったら良いのか....言葉にならない....

とてつもないミスをしてしまったなぁ;;。でもこれ・・この隊員さまもホントに心配です。責任は感じても、死なないでくださいよ・・・ ;;。おばあちゃんのご冥福をお祈りいたします。。

あってはならないミスだが、これは辛いわ。

あってはならないが、あっても不思議ではない。そもそも救助をされている時点でイレギュラーな話で。そのままなくなる可能性もあったわけだ

隊員の年齢は関係ない!あってはならない事故。

どっちもつらいなこれ。誰も責めないで欲しい

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事