韓国でも話題 月刊「Hanada」が報じた“文在寅に朝鮮労働党秘密党員疑惑”

▼記事によると…

・保守系の月刊誌「Hanada」(10月号)に、「文在寅に朝鮮労働党秘密党員疑惑」という記事が掲載。

・2014年6月15日、韓国にいる朝鮮労働党の秘密党員が、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長宛に、忠誠を誓う「誓詞文」を送っていたという。“誓詞文”には40の個人、団体の名前が添えられているが、その中に、なんと文在寅大統領や朴元淳ソウル特別市長の名があるそうで……。

・記事を執筆したジャーナリストの篠原常一郎氏。「文在寅が先頭に立って朴槿惠大統領を失脚に追い込み、政権を掌握してからは、文大統領と彼の側近は、メディア各社で保守派の理事や経営陣を追放しているのです。そのため、韓国主要メディアは、北朝鮮寄りの報道が多くなりました。自由な言論はなくなったと、韓国の保守系ジャーナリストは嘆いています。北朝鮮との際限ない同調、むしろ手先ではないかと疑いたくなる文大統領ですが、文大統領や、北朝鮮を礼賛する主体思想(北朝鮮の政治思想)の信奉者の動きを取材していると、思わぬものを入手することになったのです」

それが、「誓詞文」だった。

・「敬愛する金正恩将軍様に謹んで捧げます」という書き出しで始まる“誓詞文”の一部を抜粋してみると、

〈栄光の朝鮮労働党に限りなく忠実な南の地の革命戦士である我々は偉大な指導者金正恩将軍様に次のように固く盟誓いたします〉

〈1、歴史的な6、15北南共同宣言発表14周年を迎えて、我々南朝鮮の革命戦士は(中略)共和国南半分で朴槿惠傀儡徒党の自由民主主義体制を叩き潰し、全朝鮮半島に主体思想を実現するのに、一命を藁のように捧げます〉

「藁のように」とは、韓国では簡単に命を投げ出すという意識を示す慣用句だという。

・つまり、革命によって自由民主主義体制を倒し、主体思想の下で南北統一を目指すということだが、さて、この“誓詞文”、はたして本物なのか。

9/19(木) 11:01
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190919-00583558-shincho-kr

文在寅 プロフィール


文在寅は、韓国の政治家、弁護士、市民活動家。第19代大統領。 北朝鮮からの避難民の息子として生まれる。弁護士として市民運動や人権運動に参加したのち、盧武鉉政権で大統領側近として活躍した。その後、国会議員に当選、新政治民主連合代表や共に民主党代表を務めた。
生年月日: 1953年1月24日 (年齢 66歳)
文在寅 - Wikipedia

金正恩 プロフィール


金正恩は、北朝鮮の政治家、軍人。同国の第2代最高指導者金正日総書記の三男で後継者。父の死により実質的に最高指導者の地位を継承した、また2019年4月の憲法改正により国を代表すると規定され、名実ともに国家元首と位置づけられた。
生年月日: 1984年1月8日 (年齢 35歳)
金正恩 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

こんなのみんな知ってるだろ

じゃあもう、韓国の頭越しに、金正恩だけと話をつければいいことになるな。

ざっくり言うと文在寅大統領が金正恩氏の手下で忠誠を誓ってると言う話だが…まるで映画のような話だ

まぁ彼の行動や言動を見てるとそうであっても何も不思議ではない。

疑惑も何も今までの行動が示してるじゃん

それにしちゃあ、北将軍はえらい南酋長に冷たいじゃん

今後の国際情勢に注目。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事