暑さ対策で降雪機を検討=カヌーのテスト大会で検証-東京五輪組織委

▼記事によると…

・2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は4日、本番での暑さ対策として、降雪機の活用を検討していることを明らかにした。

海の森水上競技場(東京都江東区)で行われるカヌー・スプリントのテスト大会期間中の13日に屋根のない観客席に人工雪を降らせて冷却効果を検証する。

降雪機を使って日中に2度に分けて計約1トンの雪を降らせ、気温や湿度を取り入れた暑さ指数(WBGT)の変化などを測定。組織委職員による体感でも確認する。

・担当者は「可能性のあるものは少しでも検討していく姿勢で行っている。有効なら活用していきたい」

2019年9月4日 19時36分
https://news.livedoor.com/article/detail/17031373/

2020年東京オリンピック


2020年東京オリンピックは、2020年7月24日から8月9日までの17日間、日本の東京で開催される予定のオリンピック競技大会。一般的に東京オリンピックと呼称され、東京五輪と略称される。公用文では第三十二回オリンピック競技大会の表記も見られる。東京での五輪開催は、1964年以来2回目。
2020年東京オリンピック - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

春、秋にすればええやん

何度も見返したけど、共同通信の記事だから、ウソじゃないよな…いや夏期大会で降雪機とかどんな冗談かと

ちょっと何言ってるかわかんない...。そこまでするならもう季節ズラすほうが早いし、色々予算も抑えられるんじゃないって思っちゃう。

本気で言ってるの???虚構新聞じゃなくて?さすが東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は想像の斜め上に行くな。

除雪機投入ってw 水質問題に交通渋滞問題、酷暑問題、建設費高騰などなど…大変ですなー

もう大戦末期の日本軍珍兵器開発とかの類になってきたな。

今日ってエイプリルフールでしたっけ?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事