尾辻かな子議員のツイート

日韓友好。非難の応酬で対立を深めるのではなく、妥協点を見いだすのが外交の役割。

韓国は大事な隣国であり、これ以上の関係悪化は避けるべきだ。

こうした事態に在日コリアンの友人たちの気持ちを考えると悲しくなる。


↓↓↓

尾辻かな子 プロフィール


尾辻 かな子は、日本の政治家、社会福祉士、介護福祉士。立憲民主党所属の衆議院議員。 大阪府議会議員、参議院議員などを歴任した。 ウィキペディア
生年月日:1974年12月16日 (年齢 44歳)
尾辻かな子 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・多くの日本人の失望や落胆、憂慮より、この方個人の友人の心が傷ついたこと、それを優先に考える。議員なのか本当に。呆れる

・普段あなたが日本人より韓国目線だということでしょうね。日本は対立しようとはしてないし、最近の事象全て韓国側からの発端ですよ。現実から目を背けた綺麗事。

・尾辻さん、あなたは日本国の国会議員ですよね?なぜ隣国の利益を考え妥協を考えるのですか?書類を提出しさえすれば良かった今回の流れを他の問題と混ぜ込むことで自国民さえ貶めた国を擁護して、あなたの発言で在日のご友人さえも窮地に立たされてしまう事を想定しないのですか?

・日本は「約束を守ってね」と世界の常識を言ってるだけですけど、どこが非難の応酬なんでしょうかね( ̄^ ̄)全く意味不明です。

・あなた達と同じでまともな対話・議論などしませんよね

・それは文大統領に向けて言うべきだと思いますがね。

・よかったよ 立民の外交音痴が政権でなくて 民主党政権の悪夢は貴重な経験だったと つくづく思う

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認