政府、京アニ寄付者の税軽減へ 災害義援金と同じ扱い 「地方公共団体への寄付金」位置づけ
<産経新聞> 8/22(木) 6:00
全文はこちら

▼ 記事によると…

・アニメ制作会社「京都アニメーション」(本社・京都府宇治市)の放火殺人事件をめぐり、政府が被害者らへの寄付金を「地方公共団体に対する寄付金」と位置付け、税額控除制度を活用して寄付者の税負担を軽減する方向で調整していることが21日、分かった。

犯罪被害に関する寄付金を災害義援金と同じように扱うことは異例。特に企業が寄付しやすい環境をつくる狙いがあり、支出金の全額を決算時に損金として算入できる制度を活用する。

京都アニメーション


株式会社京都アニメーションは、日本のアニメ制作会社。略称は京アニ。主にテレビや劇場用アニメーション作品の企画・制作、他社作品の制作協力を行っている他、出版事業やマーチャンダイジング事業なども行っており、アニメーションを軸としたコンテンツ事業を展開している。会社商標ロゴは「京」の文字をモチーフにしてデザインしたもの。
京都アニメーション - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・こういう政府の動きは、少し冷めた目で見てしまうよな。相模原事件で多額の寄付が集まっても同じ策を講じたかどうか?果たして疑問。注目度が高いと動きが素早いだけなんじゃないかと。

・これは斬新かつ柔軟な対応ですね。

・反対をするつもりではないが、物凄い違和感がある……凄惨な事件であったけれど、政府の関心が偏り過ぎてると言うか、民間企業に対して公共団体と同じ扱いってことですよね?政府と言うか政治家はもっと目を配らなきゃいけない事が他にもあるでしょうに……

・今回だけ特例にするんじゃなくて寄付に対する法整備が必要かもね。

・これが前例になればいいだけ。最初がなければ何も始まらない

・公平では無いね。事件はこれだけじゃないんだし。政治家の点数稼ぎとしか思えない。

・不公平という声もあるが、これを期に災害や犯罪で多大な損害と犠牲を負った企業を救えるような法整備をしてほしいな。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事