韓国でユニクロの売上額7割減、日本製品不買運動が影響―韓国メディア
<レコードチャイナ> 2019/08/18 16:50
全文はこちら

▼ 記事によると…

・韓国KBSワールドラジオの中国語版サイトは、韓国で日本製品の不買運動が始まってから1カ月余りの間に、ユニクロを含む日本の有名ブランド製品の韓国国内での売上額が半分以下に減少したことが分かったと報じた。

ブランド別では、ユニクロの売上額の減少幅が最も大きく、7月第4週は6月最終週比で70%以上減少。

・専門家「日本製品不買運動は長期間続くとみられる」

ユニクロ


株式会社ユニクロは、「UNIQLO」の店・ブランド名で、実用衣料品の生産販売を一括して展開する日本の会社である。 登記上の本店を山口県山口市佐山に、実質的本社となる東京本部を東京都港区赤坂に置いている。ファーストリテイリングの完全子会社。
代表者: 代表取締役会長兼社長:柳井正
ユニクロ - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント
  • 早く撤退するべきだと思うが?
  • 日本企業は韓国よりもっと他の国に目を向けろという事でしょうね。
  • 一番損失受けるのは、現地で働いているユニクロ社員の韓国人なんすけどね、ユニクロは実績を出せない職員のボーナスはゴリゴリ削ってゼロも当たり前ですから。
  • 韓国で商売するならこれくらいのリスクは承知でやらなきゃな
  • どんどん韓国の雇用機会が減っていきますな…
  • ホワイト国に入れなおしたって不買は続くでしょ。事あるごとにこういうことやるって分かったんだから不振が続くなら撤退するか度々起こる不買を想定しておくしかない
  • そりゃ不買運動してるからそうだろうな。ユニクロが勝手に判断するだろ
  • 韓国リスク

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認