最悪の日韓関係。安倍首相に師匠の遺言は届くか
<論座> 2019年08月17日
全文はこちら

▼ 記事によると…

・韓国を輸出優遇国から除外する日本の2日の閣議決定以降、文大統領は「私たちは二度と日本に負けない」などと述べ、抗日姿勢を露(あら)わにしていただけに、かなりトーンダウンした格好だ。日本に対するナショナリスティックな強硬発言を連発し、内外からの強い批判も浴びたことで抑制的になったとみられる。

・これでボールは安倍晋三首相の手に移った。日本はどう対応するのか。

・日韓がより緊密な関係を築き、率先して、過度なナショナリズムを意識的に克服し、東アジアの平和と安定と繁栄に向けて手を取り合わなくてはならないはずだ。

安倍政権は、この機を逃さず、文大統領の対話の呼び掛けに応じてほしい。

朝日新聞


朝日新聞は、日本の日刊の全国紙。朝日新聞社が編集・発行する新聞で、同社のメイン新聞である。販売部数は、全国紙では読売新聞に次ぐ業界2位。支局の世界展開や有力な海外通信社との契約締結によって全世界に取材網を張り、国内で最も権威のある新聞として国際的な評価が高い。
朝日新聞 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント
  • 世論誘導したいのかね…解決済みの事を繰り返し蒸し返す。そしてその都度強請る。これを何という?
  • 今更 対話は無い。
  • これタメになる!結論まで引っ張る必要はないが、どう韓国に対応するかのヒントになる
  • 口はあるけど耳がない連中と対話なんか出来るわけないやん。こいつはア◯なのか?
  • 過去に歴代韓国政府と何度も対話・交渉し、合意した。そして対話の数だけ裏切られてきた。徴用工判決を韓国政府が引き受け、条約を守る立場を表明しない限り対話は無意味。現時点で対話を求めるマスコミの論調は無責任すぎる!
  • 寝言は寝て言え
  • ぶれないな
  • 朝日が言うなら尚更お断り。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認