【介護保険料】外郭団体のミスで今年度徴収額、約200億円不足… 厚労省「支障を来しかねない状況で遺憾」

介護保険料 計算ミスで約200億円不足のおそれ

▼記事によると…

・40歳以上の会社員などが支払う介護保険料について、厚生労働省の外郭団体のミスで、今年度徴収する金額が本来より最大でおよそ200億円不足するおそれがあることがわかりました。

・厚生労働省によりますと、外郭団体が今年度の保険料の徴収額について、大企業の健康保険組合と、公務員の共済組合に去年の年末に示した計算にミスがあり、本来より合わせておよそ200億円少なくなっていました。

・厚生労働省は「介護保険制度の実施に支障を来しかねない状況が生じており、誠に遺憾だ」とコメントしています。

2019年4月5日 4時02分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190405/k10011873381000.html

介護保険


介護保険とは、介護を事由として支給される保険。ドイツ、オランダなどでは通常の医療保険から独立した社会保険制度となっている。一方でイギリスやスウェーデンで一般税収を財源とした制度となっている。 日本では公的介護保険と民間介護保険があり、民間介護保険の保障内容には介護一時金や介護年金などがある。
介護保険 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・もうこれ以上払いたくないくらい払ってるのにまだ足りないの?

・もうこれわざとだろ、こいつらの給料から天引きでよくね?

・責任は厚労省とその外郭団体でやってね、間違っても国民の税金は使わない、税金値上げはしないように

・ま た こ い つ ら か

・納付する最大組織が計算間違いで少なく納めてた…て感じかな?脱税みたいなもんじゃね?大企業と公務員が主体で少なく納めてたんやろ?

・介護職員への待遇に支障がないことを祈ります😭

・データ改ざんやら計算ミスで国民をバ○にしておる。所詮自分の金と思ってない

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認