舛添氏が疑問「小泉進次郎がなぜ首相に適任なのか」
【日刊スポーツ】8/10(土) 9:40配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190810-08100161-nksports-ent

▼ 記事によると…

・舛添要一前東京都知事が、自民党の小泉進次郎衆院議員(38)が「将来の総理大臣候補」などといわれることに疑問を呈した。

・9日更新のツイッターで「小泉進次郎がなぜ首相に適任なのか。毛並みが良いからか、優れた政策を持っているからか、人寄パンダだからか、TVスター的女性を娶ったからか、子分が多いからか、金を配るのがうまいからか。誰からも説明がない。唯一TVの視聴率が稼げることか。エンタメ社会の象徴で、第二の田中真紀子のようだ」と、チクリと刺した。

舛添要一 プロフィール


舛添 要一は、日本の国際政治学者、政治家である。株式会社舛添政治経済研究所所長、一般社団法人地域経済総合研究所評議員。 参議院議員、参議院自由民主党政策審議会長、厚生労働大臣、新党改革代表、東京都知事などを歴任した。
生年月日:1948年11月29日 (年齢 70歳)
舛添要一 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント
  • 確かに進次郎の選挙中の発言には確信的な所が感じられない。自分がどうしたいのか伝わって来ないし今のままでは総理大臣はおろか他の大臣さえも不安で任せられない。顔や人気だけでは国の将来は任せられない。
  • 今のままでは厳しいと思いますが、少なくとも税金を公私混同していた貴方よりはマシだと思います。
  • 今必要とされている日本のリーダーは歴史認識に精通し諸外国からの静かな侵略から日本を守れる人間がふさわしいと思う。
  • 舛添氏も候補の1人として挙げられてたこともありましたよね。その時も説明はなかったと思いますが。それより政党助成金を自分の政策研究所に入れていましたが、国に返金されたのでしょうか。
  • 政治家であればいいのでは無いかと思いますが、首相はどうだろう・・・
  • 将来の首相候補であることは間違えないことだと思う。しかし、今のままでは無理だし、たとえ首相になったとしても日本のためにはならない。
  • 選挙の時の演説は他の政治家と比べてもかなりうまかったと思います。
  • 発言元の印象が悪すぎるのが残念だが、進次郎氏が総理の器にないことは賛成。

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事