ゆうさんのツイート

明日で原爆が投下されて74年目ですね。

私は平和公園で通訳兼ガイドスタッフをしているんですが、外国人に毎回聞かれます。

日本人はアメリカを嫌ってますか?

この言葉にはいろんな意味があると思います。

私達ガイドは毎回答えます。

私達はアメリカではなく、
戦争を嫌っています。」と。

広島市への原子爆弾投下


広島市への原子爆弾投下は、第二次世界大戦末期の1945年8月6日午前8時15分、アメリカ軍が日本の広島市に対して世界で初めて核兵器「リトルボーイ」を実戦使用した出来事である。これは、人類史上初の都市に対する核攻撃である。
広島市への原子爆弾投下 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント
  • 先日新幹線で遭遇した米空軍の軍人さんは、広島とアウシュビッツを訪れたと仰ってました。
  • 我々は アメリカは大好きです!アメリカから来た文化は本当に好きです!そうです「戦争」が嫌いです
  • そして、原子爆弾と原子力発電所を一緒に論じてはいけません。
  • 言えば、戦地で戦った人は皆、戦いたいと思っていた人はいませんね。一部の者にやらされた戦争。二度と繰り返さないのが大切。
  • あの時代、どの国も死に物狂いで殺○合いをしていた。国や家族のため、自分自身の正義のため。もはやそこには、明確な善悪何か存在しない。日本だって、必死で殺○合いをしていたんだ。他の国を非難することはできない。
  • 『安らかに眠って下さい 過ちは繰返しませぬから』これは日本人だけじゃない。この言葉は世界に言うべきじゃないでしょうか?
  • 多いに賛成します。しかし、今は戦争と防衛を混同して解釈している人が多い気がします
  • ヒロシマの心が広がって平和への未来に繋がっていきますように。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事