ダルも長友も『NO』を突き付けた張本発言、高校球界も怒り爆発

▼記事によると…

・野球評論家の張本勲氏が「サンデーモーニング」に出演。大船渡(岩手)の163キロ右腕・佐々木朗希投手が夏の甲子園出場をかけた県大会決勝で登板を回避して花巻東に敗れたことに対し、次のように舌鋒を向けたからだ。

・張本勲氏
「最近のスポーツ界でね、私はこれが一番残念だったと思いますね。32歳の監督(大船渡・国保陽平監督)でね、若いから一番苦労したと思いますがね、絶対、投げさすべきなんですよ。前の日にね、129(球)投げてますからね。大体、(準決勝までの)予選で4回しか投げてないんですよ。合計で430、450(球)くらいしか投げてないのよ。昨年、吉田輝星(金足農)が800(球)くらい投げているんですよ、1人で」

「ケガが怖かったら、スポーツは辞めたほうがいい」

「将来を考えたら投げさせた方がいい」

「楽させちゃダメ」

・番組が放送後、すでに今夏の甲子園行きをつかみ取っている某高校野球部の部長に率直な感想を聞いた

・「番組は見ていないのですが、ネットのニュースで詳しく見ましたよ。はっきり申し上げますが、張本さんは自分の意見に酔い過ぎですし、絶対に番組であのような発言をするべきではありませんでした。あの内容をサラッと放送してしまう局の側にも問題がないとは言えないですよ。

7/30(火) 12:17配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190730-00010000-wedge-ent

張本勲 プロフィール


張本 勲は、広島県広島市出身の元プロ野球選手、野球解説者・野球評論家、日本プロ野球名球会会員、韓国野球委員会コミッショナー特別補佐官。在日韓国人二世であり、本名は張 勲。 日本プロ野球初の3000安打達成者。またNPB唯一の500本塁打300盗塁達成者。
生年月日:1940年6月19日 (年齢 79歳)
張本勲 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

日本のアスリートをポンコツにしたいだけ。

壊し合いを前提とする格闘技の世界だって壊れないように細心の注意を払うのが当然とされている昨今、こんな根性論で才能潰すなんて事は馬鹿げてますよね。

日本の若者がどうなろうと知ったこっちゃないのが本音では?

根拠もない精神論だけで病気も怪我も治ると思ってる様な人でしょうからね…

誰の為の高校野球?エゴイスト達に、喝‼️

プロにならない者が大半なのに、学校の部活ごときで一生物の障害負うとかおかしいんですよ。青春がーとか一時のセンチメンタルの為に人生棒に振るのが美しい?

この事件を同調圧力の具体例として使えますよね。日本人の悪しき国民性

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事