れいわ新撰組2議員の国会内での介護費用、参院負担を決定

れいわ2議員の国会内での介護費用、参院負担を決定

▼記事によると…

・参院議院運営委員会は30日、理事会を開き、参院選で初当選した、重度の身体障害がある「れいわ新選組」の2人の国会内での介護費用について、参院が負担することを決めた。

今後れいわ側に伝える。重度障害者の職場での支援についても、早急な制度の見直しを政府に求めることで一致した。

7/30(火) 21:11配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190730-00000076-asahi-pol

れいわ新選組


れいわ新選組は、2019年4月1日に結成された日本の政党。同年7月の参院選で得票率2%を上回り、団体設立から約3か月半で政党要件を満たした。
れいわ新選組 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

わかっていて出馬したのに、もう滅茶苦茶だな。人権ヤ◯ザに法治国家が負けた瞬間。何されるかわからない。

この一件は障碍者への風当たりを厳しくするだろうし、一生懸命働いている方々の就労意欲を削ぐだろうよ。他人より多少多く納税しているのはこのような使い方をされる為ではない。

これ、おかしいだろ。バリアフリーの参議院持ちまでは分かるが、国会議員になるとここまで優遇し特権与えるのか??なら、重度障害者で一般で働く人にも、勤務中の介護費用は国が負担しろよ

制度の改正が進み、さらに多くの人の希望となりますように。

職場=国会が介護費用を負担するというのは、分かりましたが、候補者としたれいわ新選組としては、負担・援助はされないのですか?それは公認した党として、無責任すぎませんか?

バリアフリー化は理解できるが、高額な議員歳費を税金で受け取り更に介護費用も支給するのはおかしくないか?一般の障害者は受け取れるのか?不平等と考えないのか?

予想通り、正論批判されそうな記事のときはコメント欄削除(笑)。卑怯が取り柄の朝日新聞、そしてお友達の偏向トップ掲載ヤフーです(笑)。

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします

twitterで速報配信中

アンケート投票 & 結果確認