吉村洋文氏のツイート

本気で憲法改正をやるなら、衆参同一選挙で勝負してもらいたかった。

政権選択選挙にはならず、安定、現状維持が重視され、投票率も落ち込んだ。

3分の2を割り込んだ事実は、憲法改正の観点からみれば大きい。

日本維新の会は改憲政党として、積極的な働きかけをするべきだ。

吉村洋文 プロフィール


吉村洋文は、日本の政治家、弁護士、税理士。大阪府知事。大阪維新の会代表代行。大阪市長、衆議院議員、大阪市会議員、おおさか維新の会政務調査会長、大阪維新の会政務調査会長を歴任した。
生年月日: 1975年6月17日 (年齢 44歳)
吉村洋文 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

終わったあとでなら何とでも言えるわな

公明党が与党である限り無理でしょう。

最近の安倍さんは応援していいのか分かりません。憲法改正も本当にやる気あるの?と疑問に思います。

吉村知事は、既に維新の顔ですね。橋下さんも超えています。

次の衆議院選挙では、憲法改正を問う解散総選挙にして欲しいですね。

自民党支持ですが!公明党が足かせになってるんちゃいますか?安倍さん……

一枚岩の野党が欲しいと思う。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事