「不要な対韓同情心が関係を深刻化」 李宇衍研究委員、一問一答

▼記事によると…

・--日韓関係が最悪だ
「徴用工訴訟で日本企業に賠償を命じた韓国最高裁の判決と、文在寅(ムン・ジェイン)政権が判決を尊重し日本に履行を求めたことが原因だ。韓日請求権協定は両国関係の原則であり、この約束は守らねばならない」

2019.7.12(有料会員記事)
https://special.sankei.com/a/international/article/20190712/0003.html

↓↓↓

産経ニュースのツイート

韓国・落星台経済研究所の李宇衍研究員
日本の学界や知識人は、われわれが望みもしない不必要な同情心を持っている。そのため、韓国人が韓日の歴史をめぐり食い違った主張をしても、黙って聞いている。問題が深刻化した原因でもある

落星台経済研究所


落星台経済研究所(ナクソンデけいざいけんきゅうじょ)は、韓国の経済史を主にした研究所。落星垈経済研究所とも記載される。1987年に安秉直と李大根によって創設された。韓国の国史系の民族主義的な歴史観とは一線を画し、経済史の側面から日本統治時代の実証的な研究を行っている。
落星台経済研究所 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

「幼児が駄々をこねる」事しかできない国を相手にしてくれたのは日本だけだった。他の国だったら、聞く耳持たないと思います。

意訳:全て日本が悪い。

望んでいなかったんですね!これからは遠慮なしということで行きますからヨロシク!

日本人の感覚は外国では通用しない。

違いを認め合うのは進歩だが、原因を日本側に帰すのはいただけない。

うんうん、だから もう 日本にわ 関わらでね😃

実に身勝手。その同情心が韓国の近代化に貢献したのは事実でしょう。それを「望みもしない」って、結局、「我々が望むように同情しろ」って事なの?日韓請求権協定にしても守って当たり前やん。韓国は旗色が悪くなると、正気に戻った様に振舞うが、喉元過ぎれば直ぐに元通り。全く信用に値しない。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認