立山たつあきさんのツイート

一連の吉本芸人の闇営業のニュースについて、同業者から一般人までいろんな事言ってるけど結局、30年前の上岡龍太郎のコメントに勝るものは無いと思っている。

上岡龍太郎 プロフィール


上岡 龍太郎は、日本の元漫才師、タレント、司会者である。本名:小林 龍太郎。旧芸名、横山 パンチ、伊井 パンチ。他、講談師旭堂 南蛇として高座に出演。また、落語立川流の門下でもあり、高座名・立川右太衛門を持つ。上岡劇団座長。三人きょうだいの長男で姉と父親の異母の子供になる妹がいる。血液型はAB型。
生年月日:1942年3月20日 (年齢 77歳)
上岡龍太郎 - Wikipedia

動画を見る

↓↓↓

twitterの反応

▼ネット上のコメント

「芸人は暴力団と一緒」。核心を突きながら、冗談も交えて面白い。わずか1分で引き込まれて、もっと続きが見たくなる…やはり、上岡さんは不世出の天才。

さすがの一言です!

よくこの動画を残されていましたね!!(゜ロ゜ノ)ノこれ本放送で見てました。よく覚えています!ありがとうございました。

そう、これを探してたんです!ありがとうございます!!

お父さんはお金のない人を無料で弁護した京都で有名な弁護士。弁護士は貧乏人と思い込んでいたほど。漫才するとお父さんに言うと、人を楽しくさせるいい仕事、のように言ったのは有名な話し。

この回か別の回か忘れましたが「芸人は一攫千金、濡れ手で粟。ただし失敗すればのたれ死に」「芸人なんて何かを生産するわけじゃなし別に偉くもない」こんな感じのことも言ってましたね。上岡さんは勿論言葉通りに受け取ってほしくはないでしょうが突き詰めればこういうことだということなんでしょう。

パペポ観てたなぁ(´ω`)まじこの人は天才だ!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事