NHKが“全国民”に受信料を取りに来るぞ!

▼記事によると…

・3月5日、政府が「放送法改正案」を閣議決定した。この改正案が国会で通れば、NHKがすべての番組を、放送と同時にインターネット配信できるようになる。

・一見すると、時代の変化に対応した改正のように思えるが、そこには“落とし穴”があるという。

総務省担当記者の解説。
「若い世代は、パソコンやスマホでYouTubeなどの動画を見ていて、『テレビはまったく見ない』という人が多い。こうしたテレビ離れの傾向は年々、拍車がかかっていて、“テレビを持っていない世帯”も珍しくなくなってきました。現状、NHKはテレビの設置状況で受信料を徴収するので、このままでは“食いぶち”がどんどん減っていく。そこで目を付けたのが、ネットだということです」

つまり、今後は「テレビを持っていないから受信料は払わない」という言い訳が通らず、自宅にネットの環境が整っていて、スマホや携帯を持っているだけで、NHKとの契約を迫られる恐れがあるのだ。

その先鞭ともいえる判例もできている。ワンセグ機能付き携帯電話を巡り、NHKとの放送受信契約を締結する義務があるかどうかを問う訴訟で、最高裁が「契約の義務がある」とし、判決が確定したのである。

2019年04月23日 22時00分
https://wjn.jp/article/detail/7244873/

放送法


放送法は、放送・日本放送協会・放送事業者の規律に関する内容を規定する、日本の法律である。
放送法 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・お金を払った人だけが視聴できるシステムなら誰も文句言わないのに

・NHKから国民を守る党、頑張ってくれるんだろうな

・じゃあ日本にいるスマホもってる外国人からも等しく料金取らないとね

・これ、NHKの終わりの始まりでしょ。さすがにテレビ無いのに受信料とかって言い出したら潰されるだろ?

・何にそんなに金を使ってるの?

・もうNHK潰して税金にしろよ

・てかネットがあるからもうNHKはいらないんじゃないか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認