犬猫にマイクロチップ義務付け=虐待罰則も強化-改正動物愛護法成立

▼記事によると…

・犬や猫に所有者の情報を記録した「マイクロチップ」装着を義務付けることなどを柱とする改正動物愛護法が12日、参院本会議で全会一致で可決、成立した。

・マイクロチップは直径2ミリ、長さ12ミリ程度の円筒形で、獣医師が注射器で犬や猫の体に埋め込む。記録された15桁の番号を専用の機械で読み取ると、飼い主の情報と照合できる。

・改正法は、犬や猫の販売業者に対し、マイクロチップの装着と所有者情報の環境相への登録を義務付ける。登録された犬猫を購入した飼い主には、情報変更の届け出を義務付ける。既に飼っている人には、装着の努力義務を課す。

6/12(水) 10:34
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6326453

動物の愛護及び管理に関する法律


動物の愛護及び管理に関する法律は、動物の虐待等の防止について定めた法律である。略称は動物愛護管理法、一般では動物愛護法とする場合が有る。
動物の愛護及び管理に関する法律 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

日本も生体販売を止めるべき。ペットショップはいらない。

これは野良にはまったく関係ないお話??ペットショップで購入する猫と犬だけが対象なわけだ?

こうなったのは身勝手に捨てる飼い主が原因でもある

良いと思う。虐待防止にはならないかもだが捨てる抑止力にはなりそう

これで管理してペット税導入の流れだろ

無いよりはあった方がいいとは思うんだけど、捨てられている犬猫がいて、チップで飼い主特定して「ちゃんと飼いなさいよ」って戻して、飼い主がその犬猫に困って殺しちゃう、とかならないかね?

地方行政で保護された犬猫のチップ読み取りは義務化しないんだ。結局、保護したいんじゃなくて、増やす獣医の収入源確保したいだけ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事