取り調べの録音・録画 きょうから義務化

▼記事によると…

・殺人など裁判員裁判の対象事件と検察の独自捜査事件を対象に取り調べのすべての過程の録音・録画を義務づける新たな制度が1日から始まりました。不当な取り調べを防ぐことが主な目的ですが、その映像を有罪の立証のために法廷で上映すべきかどうか裁判所の判断は分かれています。

2019年6月1日 20時07分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190601/k10011937721000.html

事情聴取


事情聴取とは、ある事件・出来事について、人から事情や状況を聞き取ること。取り調べとも。 捜査機関は、任意に出頭を求め、または逮捕・勾留された被疑者を取り調べることができる。条文では「取り調べ」という用語を使っており、「事情聴取」という言葉は用いていない。
事情聴取 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

痴漢の冤罪は減るかな?証拠が少なく犯人の供述が重要になってくるだろう。

検察の都合の良い様に編集されなければ良いけどな。

取り調べ前と終わりに、『日付日時』『何回目か』などを、取り調べられる人が発言した方が良いね。差し込まれたり、編集されたりするから。

極度のあがり症とかでない限り、供述しずらいってことはないと思う。取り調べはしずらいだろうけど。

供述しづらくなる理屈がわからない

自白の強要の有無が確認できるだけで十分効果はある。

対応が遅すぎる位。これだけ自白の強要が多いのだからこれは当然の対応。

みんなのコメント

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事