池袋事故、アクセル踏み間違いか 乗用車機能検査で異常なし

▼記事によると…

・東京・池袋で乗用車が暴走し、母子2人が死亡した事故で、乗用車の機能検査の結果、アクセルとブレーキに異常がないと判定されたことが7日、捜査関係者への取材で分かった。

運転していた旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長(87)は事故当初、「アクセルが戻らなくなった」と説明していたが、警視庁はアクセルとブレーキの踏み間違いが原因の可能性が高いとみて、飯塚元院長の自宅などを自動車運転処罰法違反容疑で家宅捜索した。

2019/5/7 19:08
https://this.kiji.is/498435958237316193

飯塚幸三 プロフィール


飯塚 幸三は、日本の工学者。元工業技術院長、国際計測連合(英語版)会長、ヒューマン・フロンティア・サイエンス・プログラム(英語版)会長、日本計量振興協会会長、計測自動制御学会会長、クボタ常務取締役、平成11年度科学技術会議政策委員会研究評価小委員会委員などを歴任。
生年月日:1931年
飯塚幸三 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

なんで逮捕しないの?

なにしてんの。検査を受けてないで自主的に免許を返納しなさいよ。まだ運転するきなのか?

とっとと逮捕してください。あと院長じゃなくて容疑者ね。

上級国民という日本の闇を身をもって社会に知らしめた男。

その間にサイドブレーキとか、DからPにするとか、いろいろとできるんじゃね?ゴミ車にぶつかって停車した後に、自分の情報をいろいろと隠蔽工作したということも、単なる「踏み間違い」で処理していいものなのか疑問符が付く。

なんで自動車運転処罰法違反容疑で家宅捜索するんだ?という意見が多いが死亡事故の場合は家に正常な運転ができなくなるような薬物などが置いてないかなどを裁判のために捜索することがある。

未だに容疑者とは呼ばない報道関係、やはり何らかの忖度があるのだろう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認