ムン・ヒサン国会議長、日本の明仁天皇退任蓄電送信

▼記事によると…

・文喜相(ムン・ヒサン)国会議長は30日(火)、日本明仁天皇に祝電を送ってこれまでの労苦と成就について敬意を表わし、名誉な退位についてお祝いの意を伝えた。

ムン議長はこの日「天皇が周辺国家と平和で調和がとれた開かれた関係を持つとおっしゃって、特別に韓国について痛みを共にして和解と協力を強調してこられたことについて感謝申し上げる」として「このような意思がこれから韓日両国関係をより一層近くするために良い基礎になるよう願う」と明らかにした。

ムン議長はまた「一生の間、重視された平和の価値がこれからも私たち両国と東北アジアに根を下ろし平和と繁栄の東北アジア共同体に発展できるよう、ずっと努めて下さることを望む」として「このような努力に大韓民国と国会も一緒に進むよう務める」と伝えた。

2019/04/30 [23:20](韓国語)
http://www.jmbc.tv/20004

文喜相 プロフィール


文喜相は、韓国の政治家。2018年7月13日から国会議長を務めている。 1980年代に金大中の下で民主化運動を行う。1988年の国会議員選挙で出身地の京畿道議政府市選挙区に平和民主党から初出馬するが落選。1992年の国会議員選挙に民主党から出馬し初当選。
生年月日: 1945年3月3日 (年齢 74歳)
文喜相 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

レーダー照射問題と同じで反省無いな

余計に腹が立ちますね。

やはり、制裁をどんどんやるべき

社交辞令としては受け入れますが、外交戦はまた別でございます。

どの口が言うのか、とはまさにこの事ですねぇ

は? あれだけ侮辱しておきながら何言ってんだ

あれ?手術で入院したんじゃなかったっけ?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事