小池一夫さんのツイート

かねてより入院療養中であった小池一夫は肺炎により4月17日永眠いたしました。

生前は多くの方々に小池一夫と小池一夫作品を愛していただき、心より感謝申し上げます。

なお故人の遺志により葬儀は親族のみで執り行いました。

皆様には大変お世話になり、ありがとうございました。

小池一夫 プロフィール


小池 一夫は、日本の漫画原作者、小説家、脚本家、作詞家、作家。秋田県大仙市出身。男性、身長183cm、血液型はB型。1976年までは小池 一雄。 大阪芸術大学キャラクター造形学科教授、神奈川工科大学情報学部情報メディア学科教授、大阪エンタテインメントデザイン専門学校教授を歴任した。出版社の小池書院元編集長。
生年月日:1936年5月8日 (年齢 82歳)
小池一夫 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・地上に残っている身としては残念です。心からお悔やみ申し上げます。ですが、新しい世界への旅立ちですね。いずれモンキー・パンチさんとの丁々発止の漫画論をどうか下界へお届け願います。

・小池先生とはTwitter上でのやり取りしかありませんでしたが、(ご家人さまとは何度かお話させていただきまして)柔らかいお人柄のにじむ会話がとても楽しかったです。業界全体へのご貢献も合わせまして、感謝の言葉が尽きません。どうか安らかにお過ごしください。本当に、ありがとうございました。

・小池先生と一度お会いさせていただき、子連れ狼にサインいただいたのは一生の思い出です。先生の作品にたくさんのエネルギーと勇気をいただきました。本当にありがとうございました。

・言葉で一つで、人は救われる。そう教えてくれたのが、小池先生のtwitterでした。陽のあたる道に咲いている花よりも、道にはぐれて日陰に咲いている花を愛でる。そんな気持ちの温かい言葉の数々が、これから先は、「言魂」として今世を生きていくことでしょう。感謝、そして、合掌。

・素敵なコメントに毎日癒されていただ、それが聞けなくなるのは残念でなりませんがとても感謝しております。ご冥福をお祈り申し上げます。

・奥様ですよね?お知らせありがとうございます。どうかご無理なさらないでくださいね。

・心に響く素晴らしい言葉の数々、ありがとうございました。ご冥福をお祈りいたします。家人さまも気を落とされませんよう、お知らせありがとうございました。

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認