【120億の金が入る】留学生大量失踪の東京福祉大、元総長である中島恒雄氏が「金儲け」のために留学生を大量に受け入れていたと告発

留学生大量失踪の東京福祉大、元教授が緊急会見。元総長が「120億のカネが入るわけだよ」と会議で発言。金儲けのために留学生受け入れか

▼記事によると…

・大量の留学生が行方不明となった東京福祉大学(東京都豊島区)。同大学の教授だった田嶋清一氏は4月10日に記者会見を開き、元総長である中島恒雄氏が「金儲け」のために留学生を大量に受け入れていたと告発した。

・田嶋さんは2011年9月に行われた会議の議事録と録音データを公開。実際に、中島氏から「金儲け主義」とも思えるような発言があったと指摘した。

・「120億の金が入るわけだよ、専門学校で。大学より大規模になっちゃう、もうかるの。何でそれをやらんの。聞いてんだよ、おい」 「そいで4年間やりゃあ、上手にやりゃ、おまえ、今の勝手な試算だけど、120億入るって。どうだ伊藤、すごいだろ、おまえ。このアイデアは」 「そしたら、ガバチョガバチョじゃん」 (表記は全て議事録ママ)

・中島氏は2008年1月に強制わいせつ罪で逮捕され、懲役2年の実刑判決を受けている。それ以降、表向きは大学の教育と研究に関与してこなかったが、実際には影響力を保持し続けていた。

・女子留学生への不適切な行為もあったという。田嶋氏は「十数年前から自宅に女子留学生を宿泊させています。中島氏に近しい人物によると『留学生たちに夜の相手をさせている』といいます」と話す。

2019.04.10
https://hbol.jp/189873

中島恒雄 プロフィール


中島恒雄は、日本の教育者。東京福祉大学創立者、元総長。 愛知県名古屋市出身。学習院大学法学部卒業、フォーダム大学教育学大学院博士課程修了。
生年月日:1947年6月26日 (年齢 71歳)
中島恒雄 - Wikipedia

東京福祉大学


東京福祉大学は、群馬県伊勢崎市山王町2020-1に本部を置く日本の私立大学である。2000年に設置された。大学の略称は東京福祉。
東京福祉大学 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・ひどい。

・学生さん達がまるで、「お金」って感じって解釈ですねぇ、まるで「人でなし」って感じです。「福祉」以前の問題です。「人間」が問題です。

・また税金が使われていたのですか?

・突然ガバチョ!という関西のお笑いバラエティー番組がありましたが、「福祉」を看板に掲げる大学のトップとは思えない言動ですね。

・強制わいせつ罪で実刑判決喰らってもなお影響力を維持し、留学生に夜の相手をさせていたという元大学総長。おまけに「ガバチョガバチョ」か……フィクションを超えたな。

・このク◯野郎……それ以外の感想が思い浮かばない記事を久々に見た気がする。

・「やりたい放題」とはまさにこのこと。

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認