宮古島から弾薬撤去で南西防衛に異常事態 陸自隊員「どう戦えばいいのか…」

南西防衛に異常事態、宮古島から弾薬撤去 陸自隊員「どう戦えば」

▼記事によると…

・岩屋毅防衛相は7日、南西防衛の一環として3月末に新設された陸上自衛隊宮古島駐屯地(沖縄県宮古島市)を視察した。

地元への説明不足が原因で、防衛省は駐屯地に保管されていた中距離多目的誘導ミサイルと迫撃砲の全弾薬を島外に撤去したばかり。

撤去を指示した岩屋氏は地元に謝罪したが、宮古島は空の発射機と軽装備での対処を強いられる隊員が残される異常事態に陥っている。

「弾薬はすでに島外に搬出を終えている」宮古島駐屯地警備隊の隊旗授与式に臨んだ岩屋氏は7日、記者団にこう明かした。

・地元住民への配慮を優先したわけだが、防衛態勢には重大な欠陥が生じた。

・警備部隊が使える武器は小銃や機関銃などの軽装備に限られ、陸自隊員は「火砲やミサイルなしでどう戦えばいいのか…」と語る。別の隊員は「いざとなったら迫撃砲の筒で敵をぶん殴ればいいのかな」と自嘲気味にこぼした。

2019.4.7 23:16
https://www.sankei.com/politics/news/190407/plt1904070047-n1.html

岩屋毅 プロフィール


岩屋毅は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、防衛大臣。 外務副大臣、防衛庁長官政務官、大分県議会議員等を務めた。
生年月日: 1957年8月24日 (年齢 61歳)
岩屋毅 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・あまりに酷い、武器もたさず防人にする

・自衛官さん気の毒に…

・弾薬を撤去して隊員だけ置いておけば島の防衛ができるなんて馬○なことを考えた奴がいる、今やるべきことは「そいつをつまみ出す」事。

・ふざけるな。自衛隊員だって国民なんだ!

・軍弱体化は中共の主要活動目的の一つ。自衛隊の根拠が曖昧だからこういう話になるのでは

・日本を守ってるんだから市民の苦情は関係ない

・国の防衛の中身、公開してどうするよ

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします

twitterで速報配信中

アンケート投票 & 結果確認