@haorihakamaさんのツイート

知人が聴いた性暴力の講演内容が衝撃的だった。

講師が開始直後に、「今からあなたの初体験の話を隣の人として下さい」と言って、場の空気が凍りついたのだけど、数秒後、「話さなくていいです。今のは性被害を警察に話す気持ちの疑似体験です。」

話すことがどれほどの屈辱で苦痛なのか戦慄した。

疑似体験(ギジタイケン)とは


[名](スル)現実に似せた状況に身を置き、現実に起こるであろう感覚を体験すること。「地震を疑似体験する」「疑似体験ソフトウエア」
疑似体験 - コトバンク

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・これでさらに加害者を訴えたら、たくさんの聴衆がいる中話さなければならなくなる。しかも、弁護士から加害者の不快な言い訳を聞かなくてはならなくなる。辛いなぁ。言いたくても言えないじゃないか。

・性暴力は受けた側は一生心の傷を負いますからね。根絶を願うばかりです。

・いやいやもっと辛いやろう。比べもんにならんやろ。

・初体験の話なんて別に大した事ないですね。過去なら過去ほど「そんなもんだったわ」程度の話ですし、別に恥でも何でも無い成長過程の話ですし、人によっては自慢できるモノだとする人も居ますからね。これを「性暴力を訴える際の例え」としてするには全くの不適切。ピントがズレてます。

・私は全く抵抗がありませんが……

・やはり、男女の性差はあるでしょうね。

・「被害届出してないなら、嫌じゃなかったんでしょう?」なんて軽々しく言わないで! 被害者の立場にリアルに身を置いて考えて欲しい。性被害の殆どは親告罪。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事