日本政府“レーダー照射”新たな証拠公開へ

▼記事によると…

・自衛隊機が韓国軍から射撃の際に使用するレーダーの照射を受けた問題で、政府は、照射を受けた新たな証拠を公開する方針であることがわかった。

・防衛省幹部によると、具体的には、レーダー照射を受けた際に自衛隊機の装置が反応した音の記録で、このレーダーの照射を受けたことを示す明確な特徴があるという。ある防衛省幹部は、「客観性の高い証拠だ」と説明している。

・公開する時期については、アメリカを訪問中の岩屋防衛相が20日に帰国してから、最終的に判断する方針。

1/18(金) 20:03配信
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20190118-00000089-nnn-pol

防衛省


防衛省は、日本の中央省庁の一つである。 「我が国の平和と独立を守り、国の安全を保つことを目的とし、これがため、陸上自衛隊、海上自衛隊及び航空自衛隊を管理し、及び運営し、並びにこれに関する事務を行うこと」と「条約に基づく外国軍隊の駐留及び日本...
防衛省 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・外務省いらん

・韓国は付いた嘘を突き通すために証拠を認めないと思います。韓国側の返答は論点ずらしと嘘ばっかりじゃないですか…。レーダーの照射がどうよりも、日本のEEZ内で北朝鮮の不審船とお前ら何をしてたんだって所を一番に究明すべき事項では無いかと思います。

・今度は韓国海洋警察警備艇のレーダーを日本が誤認した疑いと新たな論点ずらしを始めています。

・早く経済制裁を始めてください。その後は国交断絶で

・外務省は再編すべきです。不愉快です。韓国には協議ではなく粛々と制裁措置を講ずるべき。

・どんなに決定的な証拠を突き付けても、韓国側は認めないでしょうね。シカを馬というレベルですから。今回の件で、徴用工問題や慰安婦問題の本質が分かったような気がします。

・普通の国ならそこまですれば認めざるを得ないでしょうけど、あそこはそんな常識が通用する国じゃない。

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事