野生の子熊をペットとして飼っていたロシア人 骨にだけになって発見される

▼記事によると…

・野生の子熊を家につれて帰り育てていたロシア人男性がとんでもないことになっていた。

ロシアのチェリャビンスク州オジョルスクで狩りをしていたセルゲイ(41)さん家の前で骨だけになって発見された。

・一緒に飼っていた犬の2匹も骨だけが残った状態であり、クマは檻から脱出した痕跡が残っていた。

警察はセルゲイさんと犬がクマに捕まり捕食されたと見て、血痕の跡をたどって一帯を捜索してクマを見つけた。

警察は現場で銃で熊を射殺した。

・一度人間の味を知ってしまったクマはその味を求めて人を襲ってしまうために即射殺しないといけないという。

しかもセルゲイさんが飼っていたクマはヒグマでクマの中でも最も巨大で凶暴なクマ。北欧やロシアなどに多く生息する。

2019/01/18 09:39:27
http://gogotsu.com/archives/47269

ヒグマ


ヒグマはクマ科に属する哺乳類である。ホッキョクグマと並びクマ科では最大の体長を誇る。また、日本に生息する陸棲哺乳類でも最大の種である。 学名はUrsus arctos。Ursusはラテン語でクマ、arctosはギリシャ語でクマを意味するἄρκτοςをラテン化したものである。
ヒグマ - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・所詮獣だわ

・母熊に食われたんじゃね?

・さっさとクマの収容所にでも入れておけば人間も犬も熊も死なずに済んだかもしれないのに

・小熊から飼育しても人に慣れなかったか・・・ヒグマは気性が荒いから無理なのかな

・小熊の頃から目つきがヤバイな・・・

・気の毒なこった

・辺鄙なところに住んでて、人付き合いも少なめでかわいい子グマが居たら飼ってしまうかもしれん。俺なら飼いならせるはずって気になりそうだもの

・熊は生きたままの獲物を食べるのが好きなんだよね

・ペットは犬猫だけにしとけ

・すげえありきたり言うけど人の忠告これまじその通りになるから

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事