マレーシア首相「後退だ」 日本の憲法改正の動きにクギ

▼記事によると…

・親日家として知られるマレーシアのマハティール首相が28日午後(日本時間29日未明)、米ニューヨークの国連本部で会見し、日本で憲法改正の動きが出ていることに「戦争に行くことを許すようにするなら後退だ」と述べた。以前から日本の現行憲法を評価し、日本の憲法を参考に自国の憲法改正を検討しているという。

2018年9月29日11時52分
https://www.asahi.com/articles/ASL9Y3D74L9YUHBI00Y.html

マハティール・ビン・モハマド


マハティール・ビン・モハマドは、マレーシアの政治家、医師。現在、同国首相。同国首相の中では最長の22年間を務めている。 開業医から政治家に転じ、欧米諸国ではなく、日本の経済成長を見習おうというルックイースト政策をはじめ、長期に及ぶ強力なリーダーシップにより、マレーシアの国力を飛躍的に増大させた。
生年月日:1925年7月10日 (年齢 93歳)
生まれ:マレーシア アロースター
マハティール・ビン・モハマド - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・日本の憲法なんだから、外国からとやかく言われる覚えないし、いちいち外野の声なんか気にする必要はないよ。朝日はわしら少数民族が中国共産党にひどくイジメられても何も報道しない。朝日は中国共産党の飼い犬でござす。

・いろいろ見つけてくるねえw

・戦争に行くための改正ではなく戦争しないための改正なので、問題ないね。朝日は馬◯なの?

・内政干渉です。他国にどうのこうの言われる筋合いはないし、気にする必要も「一切」ありませんね。

・マレーシアはどうなの?戦争放棄してるの?

9条に誇りをもつのが日本人として当たり前

・お前んとこにくれてやろうか?

・後退だと言うなら各国に前進しろと呼び掛けてくださいよ

・朝日のことだから実際は「戦争にいくようなら反対だが日本なら安心だ」と言ってる可能性すらある

・バ◯朝日の記事だから、原文で前文確認する必要があるあるわな。

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事