外国人男性に無罪判決 覚醒剤持ち込み、札幌地裁

▼記事によると…

・覚醒剤約430グラムをスーツケースに隠して新千歳空港から日本国内に持ち込んだとして、覚せい剤取締法違反などの罪に問われた外国人男性の裁判員裁判で、札幌地裁は13日、無罪判決を言い渡した。

男性はマレーシアのクアラルンプール国際空港からスーツケースを持って搭乗し今年2月25日、新千歳空港に到着。

同日、函館税関千歳税関支署の入国検査場で申告せずに覚醒剤を持ち込もうとしたとして起訴された。

2019.12.13 13:01
https://www.sankei.com/affairs/news/191213/afr1912130016-n1.html
>>『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

覚醒剤


覚醒剤とは、アンフェタミン類の精神刺激薬である。脳神経系に作用して心身の働きを一時的に活性化させる。覚醒剤精神病と呼ばれる中毒症状を起こすことがある。乱用・依存を誘発することがある。
覚醒剤 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

最近おかしすぎる。

日本人だったら有罪?

こんなの入口から「日本は犯罪者天国」だって宣伝してるようなもんじゃん。

最近薬物犯罪多い気がする…。もっと厳罰化してくれ。

北海道とかスキー場周辺は外国人だらけで、隣国も土地買いまくりらしいし、さらに司法もこの様。

模倣犯増えるぞ、責任とれよ。

この判決が悪の組織に利用されません様に。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事