マラソン札幌開催、東京都受け入れへ 「費用負担なし」前提

▼記事によると…

・2020年東京五輪のマラソンと競歩を札幌市で開催する国際オリンピック委員会(IOC)の計画について、東京都は31日、受け入れる方向で調整を始めた。

小池百合子知事は一貫して東京開催を求めてきたが、会場変更に伴う費用を都が負担しないことでIOCや大会組織委員会などが調整を進めており、「負担なし」を前提に容認に転じる。

・札幌開催の問題は、30日からIOCの調整委員会で協議が続けられ、最終日の1日、ジョン・コーツ調整委員長と小池知事、組織委の森喜朗会長、橋本聖子五輪担当相の「4者協議」が開かれる。

決定権を持つIOCの計画が覆る可能性はほとんどなく、都が反対し続ければ、マラソンと競歩の準備が間に合わず大会全体に悪影響を及ぼしかねないことも考慮したとみられる。

10/31(木) 20:20
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191031-00000107-mai-spo

小池百合子 プロフィール


小池 百合子は、日本の政治家。東京都知事。 アラビア語通訳者、ニュースキャスターを経て、1992年に政界へ転身した。
生年月日: 1952年7月15日 (年齢 67歳)
小池百合子 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

結局この案を受け入れるのか…

選手ファーストなら金出したれよ

IOCと組織委の判断と責任において、都が費用負担だけ押し付けられることがないのはもっとも。

チケット当たった人に移動費を補助してあげてほしいです。

1円も東京が払わないのは良いが、国税で絶対払うなよ。IOCが払うべき。国税で払うなら中止で

札幌はかってに名指しされただけだから金出さないでしょ。出す必要もないし。

まぁ選手がぶっ倒れるよりましだな

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認