大阪弁護士会が「死刑廃止」決議採択

▼記事によると…

・大阪弁護士会は9日、大阪市内で臨時総会を開き、死刑制度の廃止を政府や国会に求める決議を賛成多数で採択した。都道府県レベルの大規模な弁護士会で、死刑制度への立場を明確に打ち出すのは初めて。

同会によると、臨時総会には会員4624人のうち約200人が出席。委任状での表明も含めて賛成1137票、反対122票、保留・棄権30票で採択された。会員の約7割にあたる約3300人は意思表明をしなかった。

2019.12.9 20:04
https://www.sankei.com/affairs/news/191209/afr1912090041-n1.html
>>『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

大阪弁護士会


大阪弁護士会は、日本に52ある弁護士会の一つである。大阪府内の法律事務所に所属する弁護士約4,600名が所属している。これは東京都の弁護士会の約19,000名に次ぐ数字であり、両者を併せると全国の弁護士数の半数を超えることになる。
会長: 今川忠
大阪弁護士会 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

被害者の気持ち全無視か?

被害者より加害者を守る制度はやめよう!

○刑を廃止するのであれば、せめて無期懲役を廃止してほしい。無期といいながら20年そこそこで出所できる制度はいらない。

安直に○刑判決を出すのは反対ですが、○刑そのものは存続すべきと思います。

命を奪うということは、被害者の人生、家族の人生も奪うに値します。死ぬまで恨み苦しむくらいなら、自らの手で制裁すると考える人が増えてもおかしくないと思います。議論はしても、守るべき人権の優先順位を見失わないでほしい。

○刑制度がないとそれこそ抑止力が無くなる!

そもそも罪を犯さなければいいだけだ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認