デモのグレタさん「権力者はついてこなければならない」

▼記事によると…

・スペイン・マドリードで開催中の第25回国連気候変動枠組み条約締約国会議に参加している環境活動家グレタ・トゥンベリさん(16)が6日夕、会場近くでの「気候危機デモ」に参加した。

・現地報道によると、デモには政府情報で1万5千人、主催者発表で約50万人が参加。グレタさんはデモのゴール地点のステージから「権力を持つ人々は私たちについてこなければならない。彼らは果たすべき仕事をしなければならない」と述べた。

2019年12月7日10時58分
https://www.asahi.com/articles/ASMD700F7MD6ULBJ01J.html
>>『朝日新聞』のご購読お申し込みはこちら

グレタ・トゥーンベリ


グレタ・エルンマン・トゥーンベリは、スウェーデンの環境活動家。主に地球温暖化によってもたらされるリスクを訴えている。トゥーンベリは、2018年8月に15歳の時に、スウェーデン語で「気候のための学校ストライキ」という看板を掲げて、より強い気候変動対策をスウェーデン議会の外で呼びかけるという学生時代を過ごし始めたことでよく知られるようになった。
生年月日: 2003年1月3日 (年齢 16歳)
グレタ・トゥーンベリ - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

温暖化ビジネス

持ち上げて貰えて自分が偉いと勘違いしちゃいましたね。潤沢なエネルギーがなくなれば格差を生み、エネルギーを奪い合う戦争が起こりかねないとか考えたことないんだろうか。それともCO2発生が少ない原発を推進なのかしら(*´ω`*)

自分だけでやってくれよー(´д⊂)

私はこの人嫌いです。

ゆたぽんとダブってみえる。

目の表情に邪悪さを感じるのは私だけ?

取り上げないのがベストですが、朝日の記者達から見れば、尊敬に値する子供なんでしょうね?天才だと思ってるかも知れません。

みんなのコメント

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事